住宅ローンとは

住宅ローンとは、宅地の購入や住宅を新築、または改装する目的で銀行などから借り入れる住まいのローンのことをいいます。数百万円から数千万円の大口融資になることから借り入れる側の知識が必要だと言われています。

種類は大きく分けると二つあり、まず一つ目は公的住宅ローンと呼ばれるものです。
公的住宅ローンは公的融資とも言われ、政府系の金融機関である住宅金融支援機構から融資を受けるローンのことを指します。住宅金融公庫から住宅金融支援機構に業務が移行されたのは2007年です。最近では民間金融機関と提携し、最長35年の長期固定型ローンである「フラット35」などの販売を行っています。

そして二つ目は民間住宅ローンです。
このローンは民間融資とも呼ばれ、都市銀行や地方銀行、そして保険会社や信販会社、さらには住宅ローンを専門に扱う企業などの民間会社から借り入れるローンのことを指します。

住宅ローンを組むときは、自分に合った返済期間や返済方法を見極める必要があり、そのためのシミュレーションを繰り返し行うなどして金融機関などについても熟知しておくことが大切です。近年においては、2007年の住宅金融公庫融資の廃止に伴い、フラット35並の低金利の商品を販売する民間の金融機関が増えています。

一般的に住宅ローンは、借り入れを行い、住宅を手に入れたら借り入れの翌月には返済がスタートします。支払いがはじまると乗り換えは難しくなります。知らなかったと後になって後悔しないように、できるだけ多くの情報を収集しておきましょう。